カナガンドッグフード 添加物

実際の販売店舗のドッグフードは添加物に注意!

スーパーやホームセンターなどには、
たくさんのドッグフードが販売されていますね。

 

テレビコマーシャルでも有名なドッグフードが、
実際の販売店舗にはたくさん並んでいます。

 

しかし、これらのドッグフードには、
実は、かなり危険な添加物がたくさん配合されているのです。

 

 

長く保存するための保存料や、栄養を調整するためのミネラル類、
見栄えを良くするための着色料など、
実にさまざまな添加物が配合されています。

 

一つ一つの毒性も危険ですが、さらに複数の添加物が
化学反応を起こして、より強い毒性を持つ危険もあります。

 

中でも良く使用されている添加物が保存料で、
発がん性の危険が指摘されている、
BHAやBHT、ソルビン酸などがさまざまなドッグフードに添加されています。

 

また、原材料に粗悪なものを利用しているドッグフードの多くには、
ミネラルやビタミン類が多く添加されています。

 

これらは実際にはほとんど吸収されずに
尿や便として排出されることになります。

 

 

愛犬の健康を考えたら、
これらの添加物がいっぱいのドッグフードは、とても与えられないものです。

 

カナガンドッグフードは、添加物が一切使用されていない、
良質の原材料のみで作られたプレミアムドッグフードです。

 

愛犬のためにも、
ドッグフードの添加物の現状には注意してみてください。

カナガンの原材料を紹介

獣医師も推奨している
イギリス直輸入のカナガンドッグフードは、
穀物不使用であることなど、こだわりが満載のドッグフードです。

 

犬のための栄養素とおいしさが両立したカナガンドッグフードには、
いったいどんなもので作られているのでしょう。

 

では、カナガンドッグフードの原材料を
詳しくご紹介しましょう。

 

 

 

まず、原材料の50%を占めているのは、イギリス最高級の平飼いのチキンです。

 

ノンストレスで育った栄養価の高いチキンには、
良質のたんぱく質やビタミン、免疫力を保つセノンなどが豊富に含まれています。

 

美しい毛並みや健康な皮膚に効果的な鶏脂、
オメガ3が豊富なサーモンオイルなどが配合されています。

 

さらに、穀物原料の代わりとなる
炭水化物源としてサツマイモが採用されています。

 

サツマイモは、消化率が高い素材ながらも、
トウモロコシなどと比較して高価なために
通常のドッグフードには使用されないことが多いです。

 

カナガンドッグフードには、他にも
シニア犬の関節の悩みに効果的なグルコサミンや、コンドロイチンも
配合されています。

 

 

良質の原材料のみで作られた無添加ドッグフードで、
愛犬の健康を守ってあげたいですね。

 

 

>>カナガンドッグフード公式サイトへ>

 

>>サイトトップページへ

関連ページ

粒は小さめなので小型犬も食べやすい
カナガンドッグフードはどこに売ってるの?取り扱っている販売店を調べてみました!カナガンドッグフードの販売店を知りたい方は要チェック!
ラムとチキン肉の比較
カナガンドッグフードはどこに売ってるの?取り扱っている販売店を調べてみました!カナガンドッグフードの販売店を知りたい方は要チェック!

ホーム RSS購読 サイトマップ